うさぎの基底細胞腫

シェアする

スポンサーリンク
AdSense-レスポンシブ

診断から2ヶ月

基底細胞腫か基底細胞癌と診断され、2ヶ月が経ちました。
急に大きくなることはありませんでしたが、発見時より、大きくなっていることは確かです。
それでも、何ら変わりない日常を過ごしていますので、心配はないと思います。

呼んだら来た(あら、珍し!)

毎朝、ペレットを与える時に、撫でながら触診をしています。
朝は時間が無いので、これだけ。
夕方や夜に、ゆっくりと、『おでき』を見せてもらいます。
ぷーすけ!
呼ぶと振り返りました。
そうそう、キミだよ。ぷーすけくん、ちょっとこっちへ来てくれないかな?
なんでしょ?
珍しいことに、呼んだら来ました。
しかし、左側を撫で、毛を掻き分けると、逃げてしまいました。

今日のヤツ

時間を改めまして、再度触診のお時間です。
ヤツとは、細胞腫(細胞癌)のことです。
こちらが、発見時の大きさです。

指先に当たったもの テーブル下で寝ているうさぎ。 誰かがテーブルに付くと、必ず移動して、人に寄り...
今日の記録としてupしますので、苦手な方は、お気を付け下さい。
基底細胞腫
(この時、ぷーすけは、私の手を舐めていた。ぺろんちょぺろりんと…。)
基底細胞腫2
黒目の無い目の様ですが…。
割れている訳ではありません。ですので、血も何も出ていませんから。
周囲はポヨポヨと毛が生えていますが、中心は艶々としてて…。
皮膚が張っているからでしょうか。
ポヨポヨ毛の部分も含めて、コリコリとしていますので、1~2回りくらい、大きくなったでしょうか。
少し齧った後も見られました。(小さな瘡蓋有り。)
多少、違和感はあるのでしょうね。
それでも、噛切ったり、破裂はしてないので、このまま様子見を継続です。

人気ブログランキング うさぎブログへ にほんブログ村 うさぎブログへ
お気に召していただけましたらフォロー等お願いします!

この記事をお届けした
やんちゃ小僧たちの最新ウサ記を、
いいねしてチェックしよう!
たると・とふぃ・ふらっぷ 1立ち2垂れうさぎとの甘い生活
お気に入りをレビューしておくブログ。
スポンサーリンク
AdSense-レスポンシブ
AdSense-レスポンシブ

シェアする

コメント

  1. 確かに前回の写真と比べると大きくなってますね。
    でも、もし痛くも痒くもないんでしょうね。
    おできみたいなもので、ガンとかじゃないと思いますが、はっきりしないとやっぱり不安ですよね。
    でも、ぷりんちゃんは全然変わらず元気そうだから、きっと大丈夫ですよ。