ソフトコンタクトレンズを1本で全て賄えるMPS系洗浄液


ソフトコンタクトレンズを使用していますが、洗浄剤選びには大分迷いました。

スポンサーリンク
everyday-res

ソフトコンタクトレンズの洗浄液

娘も使用していますので、なるべく面倒ではないものと思い、洗浄から保存まで1本で行えるMPS系の洗浄剤に行きつきました。

アカントアメーバ対策が大事

コンタクトレンズを使用していて、一番気をつけなければと思ったのがアカントアメーバでした。

アカントアメーバとは、水中・土中・埃の中に普通にいる原生生物です。
アカントアメーバ角膜炎を引き起こします。
一番の原因は、コンタクトレンズの不適切なケアによって起こります。
オールインワンのMPS系洗浄液では、その使い方によっては全く意味がない場合もあるのです。

色々調べた結果、エピカコールドかレニューが有力ではないかと…
国民生活センターからの情報です。

ソフトコンタクトレンズ用消毒剤のアカントアメーバに対する消毒性能−使用実態調査も踏まえて−(商品テスト結果)_国民生活センター

使用方法

使用方法は記載されていますが、これが確実に行われていないと意味がないのです。
十分な擦り洗いとすすぎです。
水道水にも存在するわけですから、絶対水洗いはダメです。

手のひらにレンズを置き、洗浄液をかけ指先で軽くこすります。
ひっくり返し裏側も同様に。その後、洗浄液をかけすすぎます。
それからやっと洗浄液を入れた保管ケースに入れ保管となるのです。

目から外して直ぐに、洗浄液の入った保管ケースに入れてませんか?
それでは全く意味をなさないのです。

正しく使ってこそ

1本で洗浄・消毒・保管がこれ1本で出来るんですから、楽ですよね。
先にも書きましたが、正しい使い方をしていなければ意味がありません。

保管ケースも同じです。
ケースを水で洗ったり、又は何もせず使い続けることも危険です。菌の繁殖に繋がります。
レンズ同様水洗いはせず、この洗浄液で洗い流し乾燥させます。
そして、定期的に交換するのも忘れずに。

コンタクトの相性

コンタクトレンズには、イオン性・非イオン性、含水率の低いもの・高いもの等があります。
MPS系とコンタクトレンズの相性の悪いものがあると分かってきたそうです。
(シリコーンハイドロゲル素材のレンズとの相性の悪いものがあるそうです。)

このレンズは、『シード 2weekFine α』です。
グループI(非イオン性低含水レンズ)のレンズです。
エピカコールドでもレニューフレッシュでも大丈夫でした。

コンタクトレンズは、高度管理医療機器に分類されます。
(副作用・機能障害を生じた場合の人体や生命に重大な影響を与える恐れがあるものに分類)
目の健康を保つため、自分に合ったものを、一度は眼科医に相談してみては。
ちなみに、カラコンも同類です。

おしゃれ用カラーコンタクトレンズについて |厚生労働省
おしゃれ用カラーコンタクトレンズについてについて紹介しています。