健康志向な 麦ごはん 食物繊維が豊富な もち麦ごはん

健康志向な麦ごはん
ここ数年、会社の健康診断で、唯一引っ掛かる血液検査結果。
直ぐに治療とか、検査が必要という訳では無いのですが、このまま放置していると『近い将来危険だぞ!』ってことで指導を受けるのです。

引っ掛かる要因は、LDL(悪玉コレステロール)値です。
私の場合は、一番の敵は、揚げ物なんですよね。
なので、これを減らすようにと指導を受け、後は運動せよと…。
体型はもともと細い方なのですが、体内脂肪や悪玉コレストロールは体型には関係ないですね。

指導を受け、なるべく油の摂取を控え、腰痛体操を兼ねたストレッチ(まぁ、全然足りないですけどね)をし、多少の努力はしております。
あと、最大の敵は『便秘』でしょうか。
水分が摂れない時間があるので、水分不足にならない様に気を付けたり、食物繊維も取るように心掛けてはいますが、なかなか大変です。

去年の検査結果のLDL値、このまま放置すると、いずれは動脈硬化にも繋がり、心筋梗塞だの脳梗塞だの、血管が詰まる病気になる可能性は大きいですから、気を付けてなければなりません。

スポンサーリンク
everyday-res

大麦の力

『大麦βグルカンという食物繊維がコレステロールを材料とする胆汁酸を体外に排出する働きがある』そうです。
大麦の力を借り、LDL数値が下がれば良いのですが…(勿論、食生活も見直しています。)
それと同時に、最大の敵、便秘を攻略するために、麦ごはんを主食にしました。(家族全員、強制的に麦ごはん。お弁当も麦ごはん。)

約1年続けている麦ごはん、ビタバレー・押し麦・丸麦・もち麦、全て試しました。
便秘に対しては、「すんなり出ました!」ので、どの麦でも大差は無いと思います。(あくまでも個人の感想です!)
ダイエットは必要ないので、大麦(もち麦)を食べて痩せたというのは、分かりません。(体重の変化はありません。これも個人の感想です!)

便秘は、改善されたように思います。
もう少しすると健康診断があるので、血液検査(特にLDL値)結果に期待です。
下がっていると良いのですがね。

主にご飯に混ぜて麦ごはん

主にというか、麦ごはんでしか食べたことがありません。
表記の分量より少なくしています。(コスト的に…)

多少独特の香りはありますが、それほど気になるものでもありません。
炊き立ては、ぷちぷち食感が楽しくて、大好きです(笑)
冷めても、温め直しでも美味しく食べれます。

お米は、いつもの佐藤米穀さんの複数原料米『ごはん大好き』、そこにもち麦を混ぜて炊いてあります。

麦ごはん、美味しく食べれて健康に!
こんな楽なことがあれば良いのですが、それだけじゃダメなんですよね。
動かなきゃダメだって百も承知だし、好きなものばかり食べていちゃ、何の意味もないことだって分かっているんですがね。
大麦に頼りっぱなしではなく、その他も改善しなければダメですよ~!(と、自分に言い聞かせる。)