娘の10代最後の誕生日ケーキ チョットひと手間で変身!

バースデイケーキ ひと手間で変身!
長男の1歳の誕生日だったかな。
当時好き嫌いの激しい彼は、ケーキ類も食べたがりませんでした。
『宇宙一の食わず嫌い』か???と当時は思うくらいの「食わず嫌い」だったのです。

大好きな車の形のケーキをオーダーメイドで作ってもらったのに、食べたのはフルーツのみ。
分かってはいたけど、ケーキに飾られたフルーツを食べるだけで、ケーキは一口も口にしないとは「だったら、好きなだけフルーツを食べてくれ!!」と、ケーキは作るようになりました。

そんな長男も今では(22歳)購入したケーキも食べるし、好き嫌いは無くなりましたけどね。

スポンサーリンク
everyday-res

娘の10代最後の誕生日

「やだ~、おばさんになっちゃう!!」と娘の一言に、「喧嘩売ってんのかっ!!」とツッコミを入れた母でございます。

先日19歳、10代最後の誕生日を迎えた娘のため、前日にスポンジを焼き、当日にデコレーションと、2日掛かりで作りました。
(2日掛かりとは言っても、実際に動いていた時間は小一時間(笑))

周囲のクリームデコレーションが汚いので、どアップ写真です。
スポンジは先日に焼いておくとしっとりして良いですよ。

不器用な私はデコレーションで悩む

あまりセンスの良くない、おまけに不器用な私は、デコレーションで悩むのですが、一番楽なのがコレ。
クリームで縁取りしたところに、好みのフルーツを乗せるだけ。
これだけでも良いのですが、フルーツが乾いてしまうのが難点。
それに、お店で買うものみたいに光沢があった方が、少し豪華に見えるんじゃない?

パナージュというらしい

大きな声じゃ言えませんけど、ゼラチン液を塗ると良いと最近知りました。
パナージュと言います。

5gの粉ゼラチン大2の水に振り入れ、ふやかしておきます。
鍋に水50CC砂糖大1を入れ火にかけ、沸騰したら火を止めます。
そこへ、ふやかしたゼラチンを入れ溶かします。
あとは、ある程度冷ましたらハケで塗るだけです。

ゼラチン液が冷えて固まってしまったら、湯煎で温めると直ぐに溶けます。

低脂肪でも硬めな生クリームに

今回は、脂肪分35%の動物性生クリームを使用しています。
低脂肪や植物性だと、どうしても緩めの仕上がりになってしまいますよね。
この緩さを何とかしてくるのが、レモン汁なのです。

生クリームに砂糖を加えをホイップし、最後にレモン汁を大1ほど加えて混ぜてみてください。
硬さが出てきますよ。ロールケーキにも適してます。
ただし、入れすぎると酸味が前へ出過ぎるので要注意です。

ケチった挙句の大量投入

砂糖もいくつかのメーカーがあり、どれも左程変わりはないと思っていました。
しかし、安いものは安いなりきなんだと気付いたこの頃(遅すぎかなぁ?)。

あくまでも個人的見解ですが…

安いと甘さが遠く、返って多めに使用している様に思います。
煮物を作っていて「砂糖が意外と多く入るわ~」と…(普段の料理は、大体が目分量ですがね)
そんなことを会社で話していたら、やっぱ安い砂糖はそれなりだと。
そこへきて、100円の差もないない砂糖なんですが、同じ甘さを求めちゃダメなんでしょうね。

安い味醂に美味しさと甘みを求めちゃいけない様に・・・。