おぢちゃんうさぎの鋭いつっこみ

シェアする

スポンサーリンク
AdSense-レスポンシブ

おじちゃんうさぎ

長年連れ添った相棒うさぎとの悲しい別れからもう直ぐ1年。
月日が経つのって、本当に早いものですね。
この1年、新たな子分もお迎えし、寂しさも軽減されたことでしょう。
新たな相棒じゃないんですか?
8歳のおぢちゃんから見たらねぇ…。
まだまだお尻の青い、ひよっこですからね。
まだ、見習いかしらねぇ^^;;

大きくなった!

そんなお尻の青いひよっこも、こんなに成長しました。
お迎え当初の体重の6.5倍!!
でかくなりやがって
ぷーすけも、青年期には、2000g近くあったので、重さ的にはあまり感じませんが…。
体長が長いのと、このもっふもふの毛のせいでしょうね。
大分大きく見えます。

大きくなった原因

何でこんなに大きくなったか?
ぷーすけも、自分を抜かれ、少々気になる様です。
何を食ったら
空気で毛を膨らましているのかもよ(笑)
うめぇもん食ってる?
とふぃだけ、特別なメニューと言う訳ではありません。
ぷーすけだけペレットが『シニア用』で、たるちととふぃは、同じペレット。
牧草は、3うさとも同じ牧草です。
おやつも、みんな一緒。しかも量は、ぷーすけが若干多め。
これは、もう個体差と言うしかありませんね。
標準体重は、あくまでも、標準。
両親を知っている訳じゃないので、どこまで大きくなるかは、成長しきってからのお楽しみ♪
おぢちゃんが…
大きな個体の血が濃いのかも知れないしね。
元気でいるのが一番!
身体の大小は、どうでも良いのよ。
小さくても大きくても、それが個性なんだからね^^

ある日の夕飯から

魚やイカやエビや…さばきたいお年頃♪
「そんなもん、あるんかい?」と、ツッコミが入りそうですが…。
一般的には、無いでしょうね。
gankoが、そんなお年頃なんです。
するめいかをさばくJK
今回で2回目、『スルメイカをさばく女子高生』でございます(笑)
前回は、ワタを取り出し、輪切りにしてイカフライに。
この日は、皮をはぎ、刺身にするところまで教えました。
ganko作、イカ刺しでございます。
魚貝類を触れない子が多い世の中ですからね。
どんどん触ってもらいましょう(笑)

人気ブログランキング うさぎブログへ にほんブログ村 うさぎブログへ
お気に召していただけましたらフォロー等お願いします!

この記事をお届けした
やんちゃ小僧たちの最新ウサ記を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
たると・とふぃ・ふらっぷ 1立ち2垂れうさぎとの甘い生活
お気に入りをレビューしておくブログ。
スポンサーリンク
AdSense-レスポンシブ
AdSense-レスポンシブ

シェアする

コメント

  1. ぼたん母 より:

    すごーい、魚はともかくイカは永遠に触りたくないお年頃のぼ母です。
    しかし、ほんとにおっきくなったね~
    で?ぷーすけちゃんは・・・おじさんになったら小さくなるの???

  2. りおん より:

    さばきたいお年頃、いいですね~^^
    さばけると本当に、役に立ちますからね!
    gankoちゃん、いいお嫁さんになれますね❤

    片刃包丁(和包丁)が使えるようになると
    もっとおいしく作れるし、レベルアップもしますよ~^^
    ちょっとコツが必要だけれどね♪

    そう、大きいのも小さいのも個性♪
    健康で元気なら、どっちでもいいんです~^^