ちっさいもの倶楽部

はじめまして!やんママの娘ガンコ改め“しぃ”と申します(^▽^)/
この度「やんちゃ小僧たち」を引き継ぐことになりました
スイーツブラザーズの弟たち「ちっさいもの倶楽部」彼らの成長記録と学んだこと等やそして親バカっぷりを綴っていこうと思います。

応援よろしくお願いします!!

うさぎの会議 意思疎通は出来るのか?

うさぎには、声帯がありません。なので、鳴くことができません。
声を発することの出来ないうさぎは、うさぎ同士、どうやって意思疎通を図るのでしょう。

スポンサーリンク

うさぎの会話

声を発せない代わりに、非言語コミュニケーションを使います。
一番分かり易いのは、危険を周囲に知らせる『足ダン』でしょうかね。

後ろ足で地面を強く叩くスタンピングで、「ダンダン!!」と音で知らせます。
お互いの毛繕いや、寄り添っていたりすること、匂い付け、全てがコミュニケーションツールなんでしょうね。

楽しい時・機嫌が良い時

危険時は、スタンピングをし周囲に知らせる。

では、楽しい時・機嫌が良い時はどうでしょう。
垂れ耳くんたちは、かなり大きな音で鼻を「ぶーぶー・ぶっぶっ」と鳴らします。

うさぎ会議

その他に、たるちは、機嫌が良くてテンションが高い時、足ダンをします。

危険時の様に、警戒しながらずっとするわけではなく、ピョンピョンと跳び回る途中途中に、ダン!と1回ずつ数回入るのです。

部屋を一周をすればしなくなりますが、「部屋んぽできて、嬉しいよ!楽しいよ!」ってことなんだと思います。
部屋んぽ中、ケージを覗きに行くわけですが、待ってましたとばかりに、中の二人もそわそわし出します。

鼻をスリスリ~としてもらって…
匂いを付けられて、どんな意思疎通ができるているのかは分かりませんがね。

お呼びだぜ

中で待っている二人は、全身を使ってアピールをします。
立ち上がり、ジッと待つとふぃと対照的なのはふーです。

たるちがピョンピョンしていたように、ケージの中をピョンピョンして、それからケージの隅来て待つのです。
鼻ツンをしたりするのも、遊んでほしかったり、相手をしてほしいからなんですね

機嫌が悪い時

機嫌が良い時とは違う、鼻鳴らしをします。
特にとふぃは分かり易く、怒っているときは、「バウッ」と、一瞬犬か?と思うほどです( ̄▽ ̄;)

来たぜ!

嫌なことをされると、両手(前足)で、『バシッ』と叩くという技も持っています。
こんなうさぎは、とふぃが初めて驚きましたが、これも一つの感情表現として納得しました。

怖くて、自分の身が危険だと思えば噛み付くこともあります。
声を発せない分、全身を使って表現するうさぎ、良く観察して理解することが大事なんですね。

リラックスしている時

まず、スタイルからして違います。

ダレてますから(笑)
お腹を出して寝ていたり、目を瞑って熟睡していたります。
撫でていると、目を瞑り顎を鳴らしたりもします。

行かないで…

とふぃも、ただ部屋中を走り回るたるちを見ているより、興奮は冷めた様です。
覗きに来たたるちと会話が出来て、この後はごろんちょと横になり寝てしまいました。
隣りで会話する二人のことは気にならずにね。

ふーは、まだまだおこちゃまだから、「遊んで~!!」と、たるちが去った後も興奮冷めやらず…
こうして、うさぎ会議も無事に終わりました(笑)

コメント

  1. りおん より:

    金網越しに、スリスリしたり
    コミュニケーションとっているとき
    ありますよね~^^
    どんなお話をしているのかな?

    足ダンも、本などには
    怖い時とか危険を感じるときにする
    ってあるから、しばらくそれを信じていました^^;
    でも、ご機嫌な時にもしますよね♪
    うれしくって、テンション高くなっちゃったときにも♪
    うさぎさん、一緒に暮らしてみないとわからないこと
    多いですよね♪

  2. うさぎさん同士のコミュニケーションを見れるのは、多頭飼いさんの醍醐味ですね。

    嬉しくて足ダンするなんて、なんだかダンスのステップを踏んでるみたいで愉しそう♪
    皆揃ってうさぎのダンスができたらいいね(^_-)