餅つき機で餅つき!意外と楽しかった!

餅つき機で餅つき!意外と楽しかった! キッチン家電

お餅は、比較的良く食べる我が家。
普段は、買ってきたお餅ですが、おはぎ作りに使用したもち米を、そろそろ何とかせねば…となり、お餅をついてみました。

スポンサーリンク

餅つき機

実家ではもう使用しないと言うので、拝借して参りました。
前日の夜にもち米を洗い、水に浸して一晩。

水を切り、後は餅つき機の説明書通りにもち米・水をセットして、先ずは、

蓋を閉めて『蒸すスイッチ』を入れます。
蒸しあがると“ピー”となるので、放置でも大丈夫です。

楽しい?お餅つき

“ピー”となったら、お待ちかねの、楽しいお餅つきです。
いや、そんなには楽しくなかったな。(つまみ食いは楽しかったけど)

蒸しあがったら、蓋を開けたまま『つくスイッチ』を入れます。
底や側面にくっ付いてしまっていたら、濡らしたしゃもじで手助けします。
じゃないと、お餅がモコモコ動いているだけで、グルングルンと回りながらつけないのです。

つきあがったら、直ぐ食べる分は、手に水を付けて丸めてあんこの中へ。
残りは、添付のバットに餅とり粉を敷いて伸し餅に。
餅とり粉が無かったので、片栗粉で代用しました。
後は、表面が少し硬くなったら新聞紙等を掛け、1日程度放置してから切り分けました。

餅の保存と食べ方

今回は、量が少なかったため、切ってから冷蔵保存しましたが、量が多い倍は、一個ずつラップをしてから袋にれ冷凍保存が良いそうです。
冷凍の場合は、3~4か月は保存が効くそうです。

片栗粉を代用した場合、粉を付けたまま焼いたら、周囲が堅い焼き上がりになってしまいました。
焼く前に、表面の粉を流水で落としてから焼くと、美味しく焼けました。

お正月分は、25~26日でもつこうと思います。
実家にお裾分けしなきゃね。機械レンタル料かな(笑)