♂うさぎ 6年越しの対面

♂うさぎ同士、なかなか怖くて顔を突き合わせての対面は出来ませんでした。
ちょこっぺをお迎えし、生後半年が過ぎた頃、ぷーすけに噛み付いた事がありました。
その後も、ニアミスで、取っ組み合いになりそうになり…。
微笑ましい2ショットなんて、夢のまた夢と諦めてかけていました。

6年越し

ちょこっぺを抱っこしての対面は、何度かしましたが、床に下ろしての対面は、本当に初めてです。
抱っこ対面の時のぷーすけの反応と言うと、嗅いで、おケツをハムハムして、嗅ぎ飽きると去って行く…と、こんな感じでしたので、やんママは思い切りました。
きっと来る~
手始めに、テリトリー外(カーペット外)にもけもけマットを敷いて日向ぼっこ。
この時ぷーすけは、牧草を食べていましたが、モグモグしながら跳び出してきました。
来てやったぞ
たるとにした様に、ちょこっぺにいきなり跳びかかる事はしませんでした。
ゆっくりと寄って行きます。
それでも、ドキドキしますね~。

キミの事は知ってるぞ

7年近くも同じ部屋で暮らし、かーちゃんを嗅げば、お互いの匂いがするし。
全く知らない仲じゃなかったって事かな。
お互い良い年になり(6歳と7歳)、落ち着いたのかもね。
クンクンからペロペロ
ちょっとクンクンして、ペロペロを舐めだしました。
ぷーすけが、「大丈夫か?」とでも言う様に、舐めています。

舐め続けるうさぎ

足が悪いせいで、手入れが行き届かないちょこっぺを、綺麗にしてあげるって。
耳の後ろもや顎ラインも、ペロペロ…。
毛玉もペロペロ
いつか噛み付くんじゃないかと、冷や冷やして見ていたんですがね。
そんな心配は、いりませんでした。
ちょこっぺも、自分が思う様に動けず、弱い立場だと分かっているんでしょう。
それを知ってか知らずか、ぷーすけの態度も優しいものでした。
やっぱりおケツ?
こんな感じで、陽だまりの中、ほんわかと時間は過ぎて行きました。
止まっていたちょこっぺが動き出しました。
自分からぷーすけへアプローチ?
続きは、また後日^^(引っ張ります!)

盆地帝国 信州は長野在住のうさ飼い歴10年越えの普通の主婦。
人間5人+うさぎ3羽と静かに暮らしています・・・。

その他のブログ
うさぎブログ:うさぎのスィーツブラザーズ
主婦ブログ:メモっておきますね。

やんママをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
チョコの日記 ぷりんの日記
スポンサーリンク
やんママをフォローする
やんちゃ小僧たち

コメント

  1. あ~、もうなんて素敵なツーショットなんでしょう 😳
    ぷりんちゃんがとっても優しくって、涙が出てしまいました。
    本当に長い時間を同じ部屋で過ごしてきたのに、やっとフリーな対面が出来たんですね。

    若い時は特に♂は、持て余すほどのエネルギーのせいで上手くいかない事もあると思うけど、お互いいい大人になって、互いを思いやることのできる立派なうさぎさんになったんですね。

    たるとくんがやって来て、今までの関係に動きが見え始めたのかもしれませんね。
    続きが楽しみです♪

  2. ピー より:

    なんとも言えない
    微笑ましい光景ですね。
    ぷりんちゃん、ちゃんと分かって
    るんですね。
    続きが楽しみです。

  3. たろさママ より:

    ぷりん隊長お優しい ちょこちゃんの事を理解してるのね
    優しくしてあげてるのね~
    これからも 可愛いツーショットが楽しみです

  4. ぼたん母 より:

    素敵な2兎さんです
    今までもずっと一緒だったんじゃないかって思ってしまいます
    続きがあるのですね、さあ、どうなるのかなぁ?

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました