うさぎの目 今の状態は

うさぎの目の膿瘍
エンセによる虹彩膿瘍と診断されて早5年。
最初の頃は、色々な薬(飲み薬・目薬)を試みました。
なかなか思うような成果は上げられず。
(詳しい事は『うさぎの病気』にあります)

薬を止めて様子を見ることにしました。
その後、膿瘍は自然と小さくなり、その名残が残るのみとなりました。
再発もせず良い状態(小康状態とも言う)が続き、今日に至るわけですが・・・
そういや、最近の目はかーちゃんの目視だけで、記録としては残してないね^^;;

スポンサーリンク

目の状態は・・・

08.8膿瘍ピーク時
これ↑は、一番大きかった頃の写真です。(過去記事から持って来た)
そして、こちらが↓今日の写真です。
お目目の膿瘍
ちょっと分かり辛いですが・・・。
白っぽい物が名残りです。(タンパク質の固まりであったり)
目の膿瘍名残
光って、しかも色んなものが写り込んでる~。
とにかく、今は大丈夫と言う事だけ、写真と共に残しておきたいと思いまして^^;;
これから先、年齢が上がるにつれて、どう出るか。(出ないかも知れません。)
もしまたエンセによる斜頸や眼振、そしてこの膿瘍が出たとしたら・・・
それは、その時に考えます。
してあげられる事をしてあげれば良いわけで。
その時に、最善を尽くせれば良いかなって。

お薬ちょーだい!

そして、うさぎは催促する。
美味しいお薬をちょうだいと(笑)
薬はハーブで
先日の気休めハーブ


お薬だって、飲み過ぎは良くないんだよ。
決められた量と回数を守らなきゃね。
キミの場合は、ハーブの食べ過ぎで、牧草を食べなくなると困るからね。
 
 
 
 

盆地帝国 信州は長野在住のうさ飼い歴10年越えの普通の主婦。
人間5人+うさぎ3羽と静かに暮らしています・・・。

その他のブログ
うさぎブログ:うさぎのスィーツブラザーズ
主婦ブログ:メモっておきますね。

やんママをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
うさぎの病気 チョコの日記
スポンサーリンク
やんママをフォローする
やんちゃ小僧たち

コメント

  1. 刹那 より:

    ちょこっぺちゃんの腫瘍は殆ど分からなく成ってるよね(^O^)/
    ピョンもそうだけど再発したら、その時に考えようと想ってるよ
    やんママさんの云う通り今は出来る事をしてあげるのが一番だし。。。

    ちょこっぺちゃん、お薬のハーブは何本でも
    入っちゃうね♪
    そうそう何でも食べ過ぎは良くないからねぇ~(^^ゞ

  2. ピー より:

    うちの仔も左目にありましたね。
    獣医さんは生まれつき持ってたんじゃないかと言ってたけど、斜頸にかかっていつの間にか大きくなってました。
    やんママさんのうさぎさん達もそうですが、他のうさぎさん達もいつまでも元気でいて欲しいと願っています。

  3. ちょこちゃん、殆ど分からないくらいに良くなってますね。
    このまま治るといいですね。

    まだこの先何が起こるか分からないけど、それを恐れるあまり、縮こまってちゃ楽しくないもんね。

    元気に食べるちょこちゃんを見れば、今のやんママさんの方針が正しいって思えますよ。

  4. みなぼ~ より:

    今ではほとんどわからないですね~
    キレイなキラキラお目目です。
    考えすぎちゃうと、今の幸せまで見逃しちゃうから。
    ちょこちゃん自身の治癒力もあるし
    見守っていくしかないですよね。

  5. まーず より:

    うんうん・・・
    ほとんどわからない程度になってるね。
    このままでいてくれるといいね~

    先のことを考えたらきりがない。
    なったらその時に考える・・・
    それくらい余裕を持って構えているのが
    お互いのために一番良いのかもしれませんね。

  6. たろさママ より:

    綺麗なキラキラお目目ですよ
    ちょこちゃん 分からないくらいになってますよ
    この先も よくなっていくといいね~
    ハーブのお薬 美味しいのね
    食べ過ぎは駄目だって
    牧草も食べようね~

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました