足舐めうさぎ 脚は足でも・・・

めでたい時には、鯛!!
いや~、たまたま安かっただけなんですがね。
値段は、大きさにもよるんだろうけど、今日のは小さいもの。
血鯛(チダイ)くん
別名、ハナダイ、チコダイ、稚鯛
2尾で300円、夕飯にちょこっとあれば良いいからね。
どんな料理になったのかは、後半へ続く。

スポンサーリンク

足舐めうさぎ、その足は・・・

足を舐めるのが大好きなうさぎ。
素足の季節は、足しか見てませんから(笑)
その足舐めうさぎ、今日は違った足を舐めてます。
テーブルの脚
決まってこの1本のテーブルの脚なんです。
舐めるだけでは飽き足らず、ガジガジし出すので困ります。
防御用アンパンマンも見事に吹っ飛ばされて・・・。

何もしてません

カリカリと齧っている音が聞こえて来たので、見ると・・・
何もしてません
知らん顔で、涼しい顔をしています。
カメラを向けると、舐める事さえ止めてしまいます。
ちょっと離れると、またペロペロカリカリ・・・。
人目を盗んで、再開です。

証拠は押さえた?

今度は、証拠を押さえられるかな?
ペロリン真っ最中
齧っていませんでしたが、ペロリンちょ中(笑)
なので、カリカリの証拠を押さえる事は出来ませんでした。
見られてた
見てましたとも。
ただ舐めてるだけだからねぇ。
舐めているだけなら、好きにやらせておきましょう。
ただし、齧り出したら、怒りますよぉ。
アンパンマンを縛り付けておこうかしら。

血鯛を刺身にしてみた

以前にも、血鯛を購入したことがありました。
その時は、塩焼きにしたので、今回は・・・
血鯛の刺身
小さくてもやはり鯛、鱗もしっかりしていて、骨も秋刀魚や鰯とは大違いだね。
当たり前な事に感心しながら捌きました。
アラは、出汁を取った後、まだ捨てません!!
骨に付いた身を解し、醤油を少量かけて頂きま~す!!
これもまた、美味しかったです。
 
 
鯛の背びれには、くれぐれもご注意を!
刺さると、痺れますからね。
 
 
 

コメント

  1. ピー より:

    その一本がどうしても
    気になって舐めるんでしょうが
    何故?うさぎさんの世界が
    まだ理解できない私は修行が浅いですね。

    鯛はお刺身に変身したんですね。
    美味しそうです。

  2. ぷりんちゃんのお気に入りの脚があるんですね~
    好きだからペロペロしたくなるのは分かるけど、齧るのはやりすぎだよ。
    脚から嫌われちゃうよ 😉

    鯛、綺麗にさばけるんですね。
    お見事 😛
    私は魚が苦手なのもあって、全くダメです 🙁
    鯛は、南蛮漬けなら大好きなんだけどなぁ。

  3. まーず より:

    そこは囓って欲しくないですね~。

    ぷりんちゃんは脚フェチ!?
    うちは手と顔です。
    嬉しいようなくすぐったいような・・・

    見事にさばきましたね。
    私 できませんよ~。
    コレは美味しいでしょう~。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました