食べるうさぎ おぢちゃんには、負けまちぇん!

スポンサーリンク

多頭飼いは良い刺激?

♂ばかり、3うさ。
うさぎにしてみたら、「何で♂ばっかりなんだ!」と思っていることでしょう。
お互いに、良いんだか悪いんだか、刺激し合ってる事には間違いありません。
先日は、「若いもんには負けねぇぞ!」と、頑張るおぢちゃんうさぎをご紹介しました。
今日は、そのおぢちゃんうさぎに刺激された、ひよっこうさぎのご紹介です。

おじちゃんを見習おう!

うさぎだけど、ひよっこなとふぃ。
クンカクンカ
おぢちゃんは、匂い付けもベテランですらかねぇ。
しっかり指先に、“おぢちゃんの香り”が、付いていることでしょう。
そのおぢちゃんを見習えば、ひよっこうさぎから卒業できるかもね^^
逞しい背中
この逞しい大きな背中、何となく安心感が漂います。
身体の大きさでは、おぢちゃんうさぎを抜いてしまったけど、まだまだなんですよ。(色んな意味で。)

いっぱい食べるでちゅ

いっぱい食べることも大事ですね。
健康でいられるためには、いっぱい食べて、胃腸も元気でいなければダメだもんね。
もぐもぐ牧草
牧草の食いっぷりも、一番かも知れません。
我が家のうさぎたちは、みんな牧草大好きだったで、その点は、100点満点です。
ただ、食べ方、食べる速度や量はそれぞれ。
これは、差があって当然のことなので、良い悪いはありません。

お口が早く動くでちゅ!

たるちは、食べるのが遅い子です。
ペレット1粒の咀嚼回数を数えてみました。
たるち=50~55回、とふぃ=30回くらい
たるちは、食べるのが遅いわけです。
口(顎)の動かす速さが、とふぃの方が断然速いのですから。
うまうまでちゅ
これもまた、それぞれの個性で、数えていても楽しかったですよ。
(おぢちゃんうさぎは、ペレットがシニア用で別なので、比較対象外としました。)
食に関しては、おぢちゃんの背中を見て育った様ですね。
おじちゃんも牧草をいっぱい食べるから、負けていられないもんね。
何でも良く食べ、「うさぎは、雑食だったか?」と勘違いまでさせてくれるとふぃ。
3うさが、顔を突き合わせて一緒に食事をできれば、また新たな発見やら、うさぎにも変化が見られるかも知れません。
しかし、そんなことは、到底無理なので…
同じ部屋で、同じ時間に食事をすることで、少しの良い刺激を与え、与えられていることにしておきます。
とふぃちゃん、もんもん祭りは、見習わなくても良いからね^^;;
(大丈夫、今のところはね。)

盆地帝国 信州は長野在住のうさ飼い歴10年越えの普通の主婦。
人間5人+うさぎ3羽と静かに暮らしています・・・。

その他のブログ
うさぎブログ:うさぎのスィーツブラザーズ
主婦ブログ:メモっておきますね。

やんママをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
トフィの日記
スポンサーリンク
やんママをフォローする
やんちゃ小僧たち

コメント

  1. りおん より:

    とふぃちゃん、おぢちゃんのいいところだけを
    見習っているのかな?
    でも、多頭飼いだと、先住の子を見習うようなところって
    確かにありますよね~^^
    もちろんすべてではないんだけど~^^;

    うちの2番目に来た、めるちゃん
    最初の子の、ちょこちゃんを見習っていてくれたら
    とってもいい子だったはずなのに~に~に~・・・

    ペレットの咀嚼回数って、数えたことがなかったわ~!
    ちょっと知りたいけど、大変そうだからやめとく~^^;

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました